/

この記事は会員限定です

大阪ガス社長に藤原氏「デジタル化に注力」

4~9月純利益10%増

[有料会員限定]

大阪ガスは29日、藤原正隆副社長(62)が2021年1月1日付で社長に昇格する人事を発表した。本荘武宏社長(66)は代表権のない会長に就き、尾崎裕会長(70)は取締役相談役となる。新型コロナウイルスの感染拡大や電力・ガス市場の競争激化など経営環境が変わるなか、新体制で成長戦略を見直す。

大阪ガスの社長交代は15年4月以来、ほぼ6年ぶり。記者会見した藤原氏は「エネルギー競合の激化、脱炭素、デジタル化を中心に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン