/

この記事は会員限定です

小網代の森(神奈川県三浦市)

水と自然、源流からたどる

[有料会員限定]

三浦半島の先端に位置する小網代の森(神奈川県三浦市)は「奇跡の森」と呼ばれる。約70ヘクタールの面積に川の源流から河口まで流域の環境がほぼ自然のままで残る、関東では唯一の場所だ。2014年に一般公開され、年間4万人超が訪れる。

森を貫く浦の川に沿って全長1キロ強の木道を歩いた。国道近くの階段を降りるとすぐに源流部。山の中のような薄暗い森を抜けると湿原が広がる。陽光を浴びて銀色に輝くオギの穂波の向こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン