/

この記事は会員限定です

中国、2035年「先進国並みに」 1人当たりGDP

中間層を拡大 5中全会、米覇権の揺らぎ示唆

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会、総合2面きょうのことば)は29日に閉幕した。2021~25年の「第14次5カ年計画」の骨格などを固めた。35年に「1人当たり国内総生産(GDP)を中等先進国並みにする」との目標を掲げた。対米摩擦の長期化に備え、消費など内需を拡大し自力での安定成長をめざすが、道のりは険しい。(関連記事国際1面に

会議は26日から北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン