/

この記事は会員限定です

粘る日本株、個人が支え

円安でマネー流入期待も

[有料会員限定]

個人投資家ら国内勢の支えを背景に、世界の株式市場で日本株が粘りをみせている。相場動向を左右する主体としては海外マネーが注目されがちだが、日本の投資家も無視できない。足元の市場を観察すると、国内の個人などの買いの勢いが増している様子が浮かぶ。足元の急激な円安が内外のマネー流入も促すとの期待も出ている。

10月31日の日経平均株価は前週末比482円26銭(1.8%)上げ、2万7587円46銭と9月2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません