/

この記事は会員限定です

元世界王者・比嘉、「親友対決」ドロー

バンタム級転向初戦、突破力不発

[有料会員限定]

元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で15連続KOの日本タイ記録を持つ比嘉大吾(Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級ノンタイトル10回戦に臨んだ。結果は引き分け。計量失敗での王座剥奪、2年近いブランク、ジム移籍など長きにわたった混迷のときを抜け、心機一転を期した一戦はほろ苦い結果となった。

「判定は勝っていると思っていた、自分の計算と違った」。ジャッジの1人は96-9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン