/

この記事は会員限定です

大塚家具社長が辞任

業績不振でけじめ、三嶋会長が兼任

[有料会員限定]

大塚家具は28日、大塚久美子社長(52)が12月1日付で辞任する人事を発表した。同社会長で親会社である家電量販最大手のヤマダホールディングス(HD)社長の三嶋恒夫氏(61)が兼務する。経営危機を受け昨年12月にヤマダの子会社に入ったが黒字化の道筋は立っておらず、ヤマダ側が大塚氏の経営責任を明確にさせたようだ。ヤマダ主導で再建を目指す。

大塚久美子氏は2009年に父親で創業者の勝久氏(77)の後を継いで社長に就いた。大塚家具は高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン