/

この記事は会員限定です

世界市場、30年に4.5兆円

技術開発・生産効率化競う

[有料会員限定]

医薬品はかつては物質を化学合成した低分子薬が主流だった。それが2000年前後からバイオ技術を駆使した新しい薬が登場。体内の異物を除去するたんぱく質「抗体」を使った抗体医薬をはじめ、細胞や遺伝子を使う薬も広がってきた。

米系コンサルティングのアーサー・D・リトル・ジャパンによると、細胞を使った薬や治療法の世界市場規模は20年で約3500億円だが、30年は約4兆5000億円に増える見通しだ。

けん引す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン