官のIT人材、1%届かず 行政のデジタル化遅れ
経財白書分析 7割が関連産業に従事、米は分散  

2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

内閣府は2020年度の経済財政白書で、日本のデジタル化の遅れについて要因を分析する。国内のIT(情報技術)人材のうち官庁や学校など公的部門の従事者は1%未満と推計し、1割以上の米国に比べ効率的なIT投資ができていないと指摘する。普及率が米欧の半分の4割程度にとどまる電子商取引(EC)も消費活性化の課題として取り上げる。

白書は11月上旬にも公表する。20年度は新型コロナウイルス禍の経済への影響や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]