/

この記事は会員限定です

歩行支援ロボ 動きやすく 信大発アシストモーション

リハビリや観光利用に的

[有料会員限定]

信州大学発のスタートアップ企業で、装着型ロボットの開発を手掛けるアシストモーション(長野県上田市)は28日、歩行を補助するロボット「クララ WR-P」を開発したと発表した。重量が4.5キログラムと比較的軽く、動きやすいのが特徴という。

体の動きをセンサーで検知し、それに連動してモーターが作動することで歩行を補助する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン