(生らサッポロ インタビュー編) もちろん ずっと札幌に
レバンガ北海道社長 折茂武彦氏 バスケのレジェンド、30年五輪見据え 多目的アリーナ建設を

2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

レバンガ北海道(札幌市)の折茂武彦社長は日本出身選手初の国内トップリーグ通算1万得点を達成し、昨季限りで現役を引退したバスケットボール界のレジェンド。札幌に移り住んで13年。経営者に専念したチームの強化から新アリーナの建設、将来の人生設計まで能弁に語り尽くした。

――07年に北海道に来た当初と比べ、環境の変化はありますか。

「来た当初はバスケットをやっていた方以外で僕のことを知っているなんてまず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]