/

この記事は会員限定です

パソナG、女性登用の推進指南 人的資本経営を支援

3年で300社導入目指す

[有料会員限定]

パソナグループは企業の人的資本経営を支援するサービスを始める。女性管理職比率や男女間の賃金格差などの調査方法を指南し、課題解決に向けた研修も提供する。政府は企業に人的資本の情報開示を義務付ける方針だが、具体的な開示方法や現状把握に悩む企業は多い。今後高まる需要を狙い、3年で300社への導入を目指す。

パソナG傘下で人材教育を手掛けるキャプラン(東京・港)が10月末から始める。国内の上場企業を主要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません