ソニー、今期一転最終増益 巣ごもりでゲーム好調 半導体事業は苦戦

2020/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソニーの業績が回復している。28日、2021年3月期の連結純利益(米国基準)が前期比37%増の8000億円になりそうだと発表した。従来予想(12%減の5100億円)から一転、最終増益となる。新型コロナウイルス禍に伴う巣ごもり消費の拡大を受け、ゲーム事業が好調だ。米中摩擦を受けた中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)向け半導体販売の苦戦を補う。

増益は2年ぶり。最高益だった19年3月期(91…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]