タカ底力、3年ぶりV
怒とうのラストスパート 競い合う環境、新戦力次々に

2020/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プロ野球のパ・リーグは27日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた首位ソフトバンクが本拠地ペイペイドームで2位ロッテを5-1で下し、3年ぶり19度目(南海、ダイエー時代を含む)、1リーグ時代を含めると21度目の優勝を果たした。

工藤監督が就任6年目を迎えた今季は、柳田が3試合連続本塁打を放った8月23日に単独首位に浮上。そこから千賀、東浜ら先発投手陣の活躍もあってトップを維持した。10月2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]