/

この記事は会員限定です

海外航空、赤字拡大で苦境

ANA・JALは自力再建

[有料会員限定]

世界の航空会社の業績悪化に歯止めがかからない。新型コロナ感染の拡大による需要低迷が長引き、各社とも浮上の糸口がつかめない。ANAホールディングス日本航空(JAL)は自力再建を進めているが、不需要期の冬に入ると世界の航空会社の経営はさらに厳しくなりそうだ。

国際航空運送協会(IATA)によると、2020年の世界の航空需要規模が前年比66%減になる見通し。国際線がほとんど回復せず、世界の航空会社の20年の最終赤字合計額は843億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン