/

この記事は会員限定です

コロナ後のよき経営者像

慶応義塾大学教授 土居丈朗

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻やインフレ、円安など事業環境が激変している。「ポスト・コロナ」の経済で、経営者はどうあるべきだろうか。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)教授のダロン・アセモグル氏(週刊東洋経済10月29日号)は、企業経営者の光と影に焦点を当てる。

今日、慈善事業や大学の創設で知られる経営者の多くが、元はといえば19世紀~20世紀の悪徳資本家だった。石油をはじめ実業界の巨頭は強引な買収で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2154文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません