/

この記事は会員限定です

東急系、入退室管理端末に検温機能を追加

マスク着用も識別

[有料会員限定]

建物の改修や内装設備を手掛ける東急リニューアル(東京・渋谷)は体表面温度を測定する機能をそなえた入退室管理システムを発売した。マスクの着用の有無も識別できる。新型コロナウイルスの感染を予防する手段として、オフィスや学校などに売り込む。

2002年から販売しているICカードを使用した入退室管理システム「IC ガーディング」に新機能を追加した。人がカメラをつけた端末の前に立つと、顔認証と同時にサーモグ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン