/

この記事は会員限定です

米グーグル訴訟 争点を探る(上) 経営努力か競争阻害か

無料サービス、判断難しく

[有料会員限定]

米司法省が米グーグルを提訴した。ネット検索サービスとデジタル広告分野での現状が反トラスト法(独占禁止法)に違反しているとみる。何が問題とされており、どんな反論があるのか。競争政策の歴史にも照らし、世界が注目する訴訟の争点を読み解き、市場や消費者への影響を探る。

司法省は検索サービスの分野でグーグルが「独占者」の立場にあると主張している。米国内での市場シェアは9割。大きすぎる存在自体が参入障壁になっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン