中国、2035年に全て環境車
新車、EVなど5割 残りはHV 車大手に対応迫る

2020/10/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討する。50%を電気自動車(EV)を柱とする新エネルギー車(総合2面きょうのことば)とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にする。世界最大の中国市場の方針転換は、世界の自動車大手にも対応を迫る。(関連記事企業2面に

中国の自動車専門家組織「中国自動車エンジニア学会」が「省エネル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]