/

この記事は会員限定です

量子でも破れない新暗号 ソフトバンク・凸版が採用

米、IBM方式を標準に ネット通信安全に

[有料会員限定]

インターネットの通信の安全を守る新しい暗号の仕組みが始まった。量子コンピューターでも解読できないようにするのが主眼だ。7月に米国がIBMなどが開発した方式を標準に選定したことで開発が加速している。ソフトバンクは2024年の通信への導入を目指し、米グーグルや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)もクラウドサービスへ応用する。

インターネットの暗号はネットバンキングや買い物の送金、電子メールを送る際...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません