/

この記事は会員限定です

18年前の中国人殺害事件、犯人のDNA検出か

警視庁

[有料会員限定]

東京都杉並区のアパートの一室で2002年、中国人留学生の許振勇さん(当時22)が殺害された事件で、現場近くの路上に残された血痕から別人のDNA型が検出されたことが26日、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は犯人のDNA型の可能性があるとみて捜査を進める。

捜査関係者によると、犯人は事件時にけがをしたとみられ、現場から逃げる際に路上に血痕が付いた可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン