/

この記事は会員限定です

キーワード「エレファントカーブ」

先進国の経済停滞示す

[有料会員限定]

世界の所得階層の分布を示す有名なグラフに、象が鼻を持ち上げる姿によく似た「エレファントカーブ」と呼ばれる曲線がある。横軸に世界の富裕層から貧困層までを並べ、一定期間に各階層がどれだけ所得を伸ばしたかを示したものだ。

考案したのは経済学者のブランコ・ミラノヴィッチ氏らで、1988年からの20年間を対象にデータを分析した。

グラフの右から、富裕層を示す鼻先は高々と伸び、主に先進国の中間層を指す辺りで急...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン