/

この記事は会員限定です

クマ生息域、人里に迫る エサ凶作や過疎原因か

4~9月出没1.3万件 人的被害86人

[有料会員限定]

クマの出没や人的被害が止まらない。環境省によると、4~9月の出没は全国で1万3千件に上り、過去5年で最多となった。国は26日、クマ対策で初となる関係省庁の連絡会議を開いたが、山形県では同日、高齢女性が襲われた。背景にはエサ不足があるとみられるほか、人口減少などの問題を指摘する声もある。

環境省によると、4~9月のクマの出没件数は1万3670件で、直近5年間の同時期で最も多い。例年は7~8月ごろか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン