/

この記事は会員限定です

コロナ、入院条件見直し 生保、苦心し「特例」継続

軽症・無症状でも保険金

[有料会員限定]

24日施行の新型コロナウイルス患者の入院条件を見直す政令が生命保険業界に波紋を広げている。新型コロナの患者に対し、生保各社は入院の対象外でも新型コロナと診断された時点で、事実上保険金を支払うことを決めた。新型コロナの感染再拡大の懸念がくすぶるなか、支払う根拠が乏しくても保険金を支払う異例の判断を迫られた。

政令改正で、感染症法に基づく新型コロナ患者の入院措置の対象が基本的に高齢者らに限定された。従...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン