脱炭素へ大競争時代
欧州、環境対策不足なら関税 中国、「水素社会」へ企業奨励金

2020/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ブリュッセル=竹内康雄、北京=川手伊織】菅義偉首相が26日表明した温暖化ガス排出を「実質ゼロ」にする目標に関し、具体的な計画づくりで先行するのは欧州連合(EU)と中国だ。再生可能エネルギーや省エネの拡大に加え、水素社会の実現がカギとみる。官民挙げての技術開発競争が激化してきた。(1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]