/

この記事は会員限定です

「筋肉信仰」の裏に文革の記憶

中国

[有料会員限定]

中国でボディービルディングの人気が高まっている。プロ選手を目指して競技に取り組む人のほか、こうしたビルダーを手本に筋トレに励む人が増えている。ただボディービルはかつて弾圧され大会や関連出版が長い間、封じ込められた経緯がある。近年様々な業界で当局統制が強まるなか、ボディービルは中国社会における自由度のバロメーターともなっている。

大胸筋から腹筋にかけての陰影、広背筋の大きな張り出し――。9月中旬、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません