/

この記事は会員限定です

違いを認め友情を育む

[有料会員限定]

「自分と異なる考え方や価値観があることを知ってほしい」。これはパトリック・ハーラン氏と増田ユリヤ氏が自らの体験でつかんだ異文化交流への助言である。

この助言から思い出すことがあった。10カ月ほど前、昭和女子大の国際交流グループ「CHAWA(茶輪)」、立教大異文化コミュニケーション学部の英語体験教室「English Camp」の活動をそれぞれ取材し、留学生の体験を聞いたことだ。

ロス・ロムオンさんは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン