/

この記事は会員限定です

コロナ乗り越え、交流の輪つなぐ

池上彰と考える東京の未来~世界をトモダチに

[有料会員限定]

2021年夏の東京五輪・パラリンピックに向け、シンポジウム「池上彰と考える東京の未来~世界をトモダチに」(日本経済新聞社オリンピック・パラリンピック推進室主催)が10月10日、東京・豊島の立教大で開かれた。ジャーナリストの池上彰氏が立教大と昭和女子大の学生と、異文化と触れあう楽しさや、新型コロナ禍の影響などについて意見を交わし、オンラインで800人が参加した。

(文中敬称略)

富永 立教大では「En...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1725文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン