/

この記事は会員限定です

原発ADR、4割減で推移

今年、コロナで周知難航

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故を巡る裁判外紛争解決手続き(ADR)の申立件数が、今年は前年比4割減のペースで推移し、年間で千件を下回る見通しであることが26日までに、原子力損害賠償紛争解決センターへの取材で分かった。千件を切れば、事故翌年の2012年以降で初めて。

21日時点で、申し立ては642件(速報値)。ピークは14年の5217件で、19年は1209件だった。

近年、減少傾向が続いていたが、新型コロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン