/

この記事は会員限定です

百貨店、若い富裕層を開拓 外商に新手法

阪急阪神、LINEでやり取り 大丸はタワマン住民に営業

[有料会員限定]

関西の百貨店が、「外商」と呼ぶ富裕層向けサービスで若い顧客の開拓に乗り出している。共働き世帯など購買力の高い40代以下を対象に、SNS(交流サイト)の活用など年代に合わせた接客方法を導入。当面はインバウンド(訪日外国人)消費の本格回復が見通せず、国内富裕層の取り込みを進める。

外商とは一定の購買が見込める富裕層顧客を対象にした特別サービス。武家屋敷を回って注文を聞いた江戸時代の呉服屋にルーツを持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません