/

この記事は会員限定です

日米豪印連携、他国にも 米国務次官補代理

中国台頭で 富士山会合

[有料会員限定]

日米の政府関係者や有識者らが国際問題を話し合う「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)が24日、都内で開催された。マーク・ナッパー米国務次官補代理は、中国の存在を念頭に、日米とオーストラリア、インドの4カ国が外交・安全保障で進める日米豪印戦略対話(総合2面きょうのことば)が「将来は(他国にも)拡大する可能性もある」と語った。

富士山会合は今回が7回目。米中対立やインド太平洋に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン