/

この記事は会員限定です

カタールW杯、欧州で抗議拡大

パリなどサッカー中継「ボイコット」 移民労働者の人権懸念

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実、ドバイ=福冨隼太郎】中東で初の開催となるカタールでのサッカーワールドカップ(W杯)の開幕まで1カ月を切った。欧州ではカタールで大会施設の建設に携わった外国人労働者らへの非人道的な扱いなどを背景に、抗議活動が広がっている。

国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキング4位のフランスでは、主要都市が相次ぎW杯のパブリックビューイング中止を決めた。英紙ガーディアンによるとパリのほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません