/

この記事は会員限定です

習氏の兵法(1)台湾統一37年の計

進む心の侵攻、迫る有事 最前線の離島「紅一色」

[有料会員限定]

中国共産党大会を経て、建国の父・毛沢東と並ぶ指導者へ近づいた習近平(シー・ジンピン、69)氏。その政権3期目は多くの矛盾もはらみつつ「大中国」への総仕上げとなる。中国の視点と論理をひもとき、世界の次の5年を見渡す。(関連記事国際面に

「我々もみな、中国人だ。中国には良い印象しかない」

9月初旬。台湾西部の離島、金門島を訪れると、現地住民は口をそろえた。続けざまに島民男性の一人、周復国さん(60...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません