日英EPA署名 専門家の見方

2020/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■経済安保でも意義

福山章子・オウルズコンサルティンググループ プリンシパル 日本から英国への輸出は欧州ではドイツに次ぐ規模で、決して小さくない。日英間の関税優遇が欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)と切れ目なく続く見通しとなったのは歓迎する。コロナ禍で重要物資の確保など経済安全保障の重要性が認識された。通商協定で経済的な結びつきを強めておくことは、非常時の経済安保の観点からも意義がある。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]