/

この記事は会員限定です

証券会社、助言収入得やすく

金融庁、年内にも兼業規制緩和 資産所得倍増へ質確保

[有料会員限定]

金融庁は年内にも証券会社が有償の投資アドバイス(助言)業務へ参入しやすくなるよう規制を緩和する。投資助言・代理業の規制を緩和し、金銭や株式・債券などの貸し付けを認めるなど、証券業との兼業ハードルを下げる。政府が資産所得倍増プランを掲げるなか、欧米に比べて劣る投資助言の価値を高め、国民の資産形成を促進する狙いがある。

証券会社など第1種金融商品取引業者は「株式相場が上がりそう」「円高になる見通し」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません