/

この記事は会員限定です

三菱ケミHD、外国人社長

ベルギー出身のギルソン氏

[有料会員限定]

三菱ケミカルホールディングスは23日、医療素材などを手掛ける仏ロケット社のジョンマーク・ギルソン最高経営責任者(CEO、56)を2021年4月1日付で社長に招く人事を発表した。三菱グループの主要企業で外国人が経営トップに就くのは初めて。新型コロナウイルスで悪化する事業環境を乗り切るため、伝統企業も慣例にこだわらないトップ選びを迫られた。(関連記事企業面に)

小林喜光会長(73)は留任し、越智仁社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン