/

この記事は会員限定です

民主主義問う10日間

米大統領選、ぶつかる国家像

[有料会員限定]

米大統領選は22日、両候補による最後の直接対決となったテレビ討論を終え、最終盤に入った。11月3日の投開票に向けて民主主義が試される10日間になりそうだ。(関連記事国際面に)

米音楽の聖地、テネシー州ナッシュビルでの討論会は、非難合戦に終始した前回から一変して「論戦」となった。立役者は「消音スイッチ」。冒頭2分間は相手の割り込み発言を封じる苦肉の策だ。こんな仕掛けがなければ討論が成立しない現実こそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン