/

この記事は会員限定です

長岡の百笑会 「カイゼン」で働き方改革

業務見直し、作業のムダ省く(Nextストーリーアグリの新地平)

[有料会員限定]

「ドローンの試運転が終わったので明日から動かします」。新潟県長岡市にある農業法人「百笑会」では平日の午後5時、従業員が1室に集まってその日の作業内容を報告する。2019年に導入した、農業では珍しい「終礼」だ。

司会は持ち回りで、各従業員が作業を報告して情報を共有する。翌日の作業計画も立て、終礼は15分ほどで終了する。以前は朝礼で池田治代表(42)が当日の作業内容や終業時刻を指示していた。この方法だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン