/

この記事は会員限定です

インドEC大手、財閥系衣料販売に出資

実店舗苦戦で支援

[有料会員限定]

インドのネット通販大手フリップカートグループは23日、財閥系の衣料品販売大手アディティヤ・ビルラ・ファッション・アンド・リテールに7.8%出資すると発表した。出資額は150億ルピー(約210億円)。新型コロナウイルスの感染拡大で実店舗の販売が厳しくなるなか、インドでもネットがリアルを支援する事例が増えそうだ。

ビルラはフリップカート傘下の投資会社を引受先として新株を発行する。フリップカートは22日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン