文学周遊安藤鶴夫「巷談本牧亭」 東京・上野、谷中
孤塁に依っている瀬戸ぎわの芸の世界

2020/10/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

この小説の著者、安藤鶴夫をDVDで見た。1963年9月のNHK「この人この道」の映像で、落語家の五代目古今亭志ん生にインタビューしている。ジャケットに太い黒縁めがね、頭髪は丸坊主に近い五厘刈り。ぞんざいにも聞こえるが、愛嬌(あいきょう)があって親密な話し方だ。すごい博識。老いた志ん生がうれしそうにしゃべっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]