/

この記事は会員限定です

「観客8割以上」実験 五輪会場、開催へ試金石

横浜スタジアムで30日から、感染防止へデータ収集

[有料会員限定]

大規模イベントの入場制限緩和を見据え、プロ野球で収容人数の8割以上を入れる実証実験が30日から横浜スタジアム(横浜市)で始まる。スマートフォンや高精細カメラなどの技術を使い、感染リスクや対策を検証する。同スタジアムは東京五輪の競技会場となる予定で、観客を入れた開催に向け試金石となる。

実験は政府の新型コロナウイルス分科会で了承を得ており、30日から11月1日のDeNA対阪神の3連戦で行う。神奈川県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン