つくられた格差 エマニュエル・サエズ、ガブリエル・ズックマン著 著しい不平等生む現状分析

2020/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国の大統領に就任する前から所得税をほとんど納めていなかったと報じられたトランプ氏が具体的な根拠を示さずに「多額の納税をしている」と反論する一幕があった。スペインとフランスでそれぞれ生まれ育ち、米国の大学で格差問題を研究してきた2人の著者は「民主社会の最重要制度である税制が機能していない」と断じる。

富裕層の税負担を重くして、貧困層の負担を軽くする累進課税の仕組みが壊れてきた過程には1つのパター…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]