/

この記事は会員限定です

労働法制適用が課題に

[有料会員限定]

フリーランスは自由な働き方から雇用に近い形まで、濃淡が幅広い。実質的に雇用に近い場合は、最低賃金などの労働関係法令が適用されるとの裁判例もあるが、その境界は曖昧さが残る。企業側が雇用を求められるケースもある。独禁法による対処とは別に、労働法制による保護をいかに適用していくかも大きな問題となっている。

楽器大手ヤマハの子会社、ヤマハミュージックジャパン(東京・港)は、業務委託契約を結んでいた英語教室の講師...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン