フリーランス保護進むか 政府、安全網整備へ年度内指針
独禁法・下請法で監視

2020/10/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、発注キャンセルなどが相次ぎ、フリーランスの立場の弱さが顕在化した。政府は2020年度内にフリーランスが働く環境を保護するためのガイドラインをまとめる。独占禁止法の保護対象であることを明確にするのが柱だ。安全網の確立が急務だが、現行法の枠内での対処には限界を指摘する声もある。

「契約書は交わしたいが、うるさい人だと思われるのが心配」。映像制作に携わる20代女性は、新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]