/

この記事は会員限定です

科技立国 落日の四半世紀(4) 進まぬ産学連携、遠い目標

目利き、人材流動性に課題 学内企業研究所で密接に

[有料会員限定]

「企業から大学への投資が不十分」「大企業とスタートアップの事業連携が困難」「大学発スタートアップの創出が不足」――。16日、2021年度からの科学技術・イノベーション基本計画(第6期基本計画)を検討する有識者会議は、イノベーションを生み出す方策を議論した。

これまで言い尽くされてきたような現状の課題が改めて指摘され、抜本的な改善が必要だとの認識が共有された。科技政策がイノベーションにつながっていな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン