/

この記事は会員限定です

ノートPC出荷61%増

9月、小中学校向け受注拡大

[有料会員限定]

ノートパソコンの国内出荷台数が急速に増加している。電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、9月の出荷台数が前年同月比61.2%増の133万4千台となったと発表した。小中学校に1人1台を配備する「GIGAスクール構想」で地方自治体からの受注が増えた。ただ、急速な需要増で液晶パネルの在庫が不足し、今後は部材調達が滞る懸念もある。

パソコン全体の出荷台数は25.7%増の144万9千台で、5カ月ぶりに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン