/

この記事は会員限定です

国内粗鋼生産9月19%減

マイナス幅は縮小、高炉再稼働で回復の足音

[有料会員限定]

日本鉄鋼連盟(鉄連)は22日、9月の国内粗鋼生産量が前年同月比19.3%減の648万6千トンだったと発表した。7カ月連続の前年割れだが、マイナス幅は前月よりも1.3ポイント縮小した。トヨタ自動車など国内の自動車メーカー向けの鋼材需要が回復している。鉄鋼大手は新型コロナウイルスの影響で一時休止していた高炉を9月以降に再稼働しており、回復に向かいつつある。

トヨタ自動車は国内工場を9月からフル生産に戻した。自動車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン