昭和電工社長「事業売却、2年以内に」 人員削減も選択肢

2020/10/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

昭和電工の森川宏平社長は旧日立化成の買収で悪化した財務の改善に向け検討している事業売却について「2年以内に完了させたい」との方針を明らかにした。成長性や技術的な優位性などをみて、複数の事業を手放す。人員削減については、「買収が人員配置の最適化に向けた機会になる」と述べ、今後の選択肢の一つになるとした。

森川社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。昭和電工は6月に約9600億円を投じて旧日立化成を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]