/

(仕事に効くスキル) 企業へのネット中傷、どう対応? 日ごろから投稿チェックを

SNSエキスパート協会代表理事 後藤真理恵氏 悪質なら法的措置も検討

[有料会員限定]

企業がインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けるリスクが高まっている。デマや誤解によって一方的に批判を受け、拡散を放置すれば経営にも影響が出かねない。ネット上のマーケティング活動に詳しい一般社団法人、SNSエキスパート協会(東京・中央)の後藤真理恵・代表理事に対策を聞いた。

――企業の「中傷リスク」とは何でしょうか。

「企業や従業員の不適切な行為に対する過剰な批判のほか、企業側に非がないにもかか...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン