/

この記事は会員限定です

人口減、岐路の地域交通

まちづくり視点で再設計 関西大学教授 宇都宮浄人

[有料会員限定]

コロナ禍で、鉄道やバスが打撃を受けている。各地で便数が減り、バスの路線がなくなるケースも少なくない。鉄道も、政府の有識者検討会は、利用者の少ない路線のあり方について、鉄道事業者と地域が協議することを求めている。

もっとも、こうした問題はコロナ禍が原因ではない。人口減少、自家用車の普及が進む中、右肩上がりの時代のままの制度や政策が限界に来ているのである。

●商業輸送に限界

日本の公共交通は、施設管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません