/

この記事は会員限定です

(社説)デジタル時代の独占とどう向き合うか

[有料会員限定]

米司法省が反トラスト法(独占禁止法)に違反しているとして米グーグルを提訴した。インターネット検索と広告の市場支配力を使い、競合他社を不当に締め出していると判断した。

グーグルやアップルなどの米巨大IT(情報技術)企業の独占に対する批判は各国でも高まっており、米国の当局による提訴は重要な節目になる。

巨大IT各社は利用者が増えれば増えるほどサービスの競争力が高まる「ネットワーク効果」を生かして各分野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン